暇を持て余した大学生の遊び。

スマホゲームを中心に記事を書いていきます!

あなたには過去に戻れたらやり直したいことはありますか?

みなさん、こんばんは!

 

みなさんは、過去に戻れたらどうしたいですか?

まあ、なかなかそんな状況にはなりませんが、みなさんは過去に戻れたらやることは人それぞれ違うと思います。

今回紹介するアプリの主人公・轍 かける(わだち かける)はひょんなことから過去に戻り、勘違い、すれ違いしてきたことに向き合います。自分の中の何かが少しずつ変わっていく所にご注目です!

f:id:mitsu071214:20171118125315p:plain

かけるは、まず、父親が亡くなってしまった事から始まります。

しかし、かけるは悲しむことはありません。むしろ、死んで当然だとまで思っています。

それは、暴力こそは振るわなかったものの、まるでかけるを憎んでいるかのような振る舞いをずっとされていたからです。

だから、父親が死んだ時も悲しむことはありませんでした。

・・・たとえ誰かに殺されていたとしても

 

f:id:mitsu071214:20171118125312p:plain

これは父親・轍 悟(わだち さとる)が殺される3日前のことです。

悟「おい、かける。お前いつまで引きこもっている? 秀(しゅう)が死んでからずっと引きこもって。もう1ヶ月だぞ!」

 

かける「弟は俺のせいで事故に遭って死んだんだ。なのに俺だけ学校なんて」

 

悟「お前はそんなんだからダメなんだ!もういい、目障りだ、消えろ!」

 

かける「言われなくてもそうするから」

 

1ヶ月前、弟の秀が事故で死んで以来、嫌悪感からかけるは引きこもりになっていました。

それと同時期に悟の会社が倒産、そのせいで悟はかけるに強く当たるようになります。

結果、かけると悟の関係は悪化。

顔を合わせても無視、もしくは今のように口喧嘩に発展していました。

だからかけるは、もう顔も見たくないと思っていました。

しかし、それが現実になってしまいます。

 

f:id:mitsu071214:20171118125310p:plain

そして、事情聴取を受けることになったかける。

刑事の口からとんでもないことが伝えられます。

刑事「君は今回の事件の容疑者として挙げられている」

え???

今回の事件現場が悟の部屋であったこと、まずこのことから犯人は一緒に住んでいる家族などの悟に近しい人物となり、一緒に住んでいるのはかけるしかいないからだという。

奥さんはすでに他界、弟は1ヶ月前に事故で亡くなっているためです。

もちろん家族以外にも容疑者はいるけど、かけるにはアリバイがなかったため、疑われることになりました。

 

その後、父親との関係や最近の様子などを根掘り葉掘り聞かれます。

そして次の日程は明日の朝連絡すると言われ、帰らせてもらうことになります。

帰るころにはすでに夜9時を回っていました。

かけるはそのまま寝てしまいます。

 

ー次の日ー

 

朝起きて、刑事さんからの連絡を確認するために携帯を見てみると・・・

携帯の日付が10月23日(月)

悟が死ぬ6日前になっていました。

かけるはただの携帯の故障だと思い、朝ご飯を食べるためリビングに向かいます。

 

携帯の日付に関しては携帯の故障として説明がつきますが、今目の前にある光景どうしても説明がつきませんでした

f:id:mitsu071214:20171118125309p:plain

なんと、悟が生きているのです!

悟「お。かける、おはよう」

 

かける「おはよう・・ってなんで生きてるんだよ!」

 

悟「どういうことだ?かける、なんかおかしいぞ」

 

かける「ていうか親父、なんかいつもと性格が違わないか?」

 

悟「いつも通りだろ。本当にどうした?少し休んだ方がいいぞ」

 

かける「あ・・うん、わかった」

 

悟が生きていることは間違いないので過去に戻っていることを信じ始めるかける。

しかし、悟が優しいというところに疑問を持っていました。

 

もしこの優しい悟が本当の姿なのであれば、死んで当然などと思う理由はありません。

そして、なぜ悟が死ぬ6日前に戻ったのかも謎です。

かけるはこうした疑問を解決するべく、どうして悟が死んだのかを調べ、阻止するために頑張ります。

いままで気にすることなかった真相。

その疑問の先には驚くべき真実が待っていました。

気になった方はぜひ遊んでみてください。

 

それじゃ、また!!

もしよろしければ、ブックマークをお願いします!!!

 

ブログ村のランキングも参加しているので応援お願いします(`・ω・´)


にほんブログ村


にほんブログ村